デリケートゾーンのにおい対策

MENU

デリケートゾーンのニオイを解消するには?

デリケートゾーンのにおいの原因のほとんどは通気性の悪さにあります。

 

デリケートゾーンは体の中で最も通気性の悪いところです。特に女性は生理があるためナプキンによって余計通気性が悪化し、経血と汗が混じり雑菌が増え、においがひどくなります。

 

また、もう一つデリケートゾーンのにおいの原因としてあげられるのが膣内の分泌液によるにおいです。
これは雑菌による膣内環境の悪化によるものだと言われています。

 

膣内の雑菌を抑える方法としてはデリケートゾーンを正しく洗うことが大切です。
実は多くの女性はデリケートゾーンを間違った洗い方をしており、それが原因でにおいが発生してしまいます。

 

まず一番大事なことは体を洗う石鹸、ボディーソープでデリケートゾーンを洗うのはNGです!

 

市販で売られている石鹸やボディーソープは体全体を洗うのを目的として作られているので、様々な成分が含まれています。その成分が原因でデリケートゾーンのにおいが悪化してしまうことが多いです。
かと言ってお湯だけで洗うのも、洗浄力が弱すぎるため、においを解消できません。

 

デリケートゾーンを洗うには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことでにおいを解消してくれます。

 

デリケートゾーン専用石鹸で一番売れている&人気なのがジャウム・ハーバルソープです。

 

ジャムウ

 

ジャウム・ハーバルソープはデリケートゾーンのにおいを改善することを目的として作られた商品なので今までどんなケアをしてもダメだった…という方でも毎日使い続けることでにおいが気にならなくなるほど効果が高い商品です。

 

そのニオイを消す効果はデリケートゾーン以外にも発揮してくれます。
デリケートゾーンの次に気になるワキのにおいだったり、足のにおいも解消してくれますし、バストトップの黒ずみにも効果があります!

 

一個持っておくだけで体全身使えるので、デリケートゾーンのにおいがなくなっても今度はココのにおいが気になってきた…という時に使えます♪

 

他のデリケートゾーンケアの商品と比べてもこのジャウム・ハーバルソープは手が出しやすい値段なので一度買ってみて試してみるのがオススメです!

 

身体は市販のボディーソープ、デリケートゾーンはジャウム・ハーバルソープと使い分けをすることでより長く使えますので値段の元はきっちり取れちゃいます(笑)

 

見た目も市販の石鹸と変わりないので誰かにバレるという心配もありませんよ♪

 

デリケートゾーンのにおいは女性にとって重要な問題

デリケートゾーンのにおいは女性にとって深刻な悩み

 

いくら美人でも、デリケートゾーンのにおいが原因で男性にドン引きされてしまうことも…。

 

デリケートゾーンの悩み…これは年代を問わず、女性にとって「永遠のテーマ」と言っても良いでしょう。
とくにデリケートゾーンのにおいは、自分でも感じてしまうくらいの強烈なにおいである場合もあります。

 

体臭は自分では気づかないことも多々ありますが、デリケートゾーンのにおいは生理などを原因とする特有の生臭いにおいであり、生理予定日の2週間前あたりにはおりものの量が増えるため、さらににおいが強くなる事もあります。

 

そのにおいを消したいあまり、デリケートゾーンを何度も洗ったり、強めに洗ったりしてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、実はこれらの方法は逆効果だと言われているのです。

 

つまり、せっかくにおいを消すために頑張って洗っているのに、逆にデリケートゾーンのにおいを強くしてしまっているというわけです。

 

もともと、ある程度のにおいは誰でもあるものです。

 

人間である以上、様々な身体的な機能を備えているためある程度は仕方のないことです。

 

しかし、「自分はほかの人よりにおいが強いかも…」、「電車やバスなどに座った時ににおいがしているかも…」などと感じる場合は、ちょっと自分のデリケートゾーンは普通の人たちと違うのではないか?

 

と考えてみたほうが良いかも知れません。

 

デリケートゾーンのにおいの種類は様々で、酸っぱい臭いがするものや、ワキガのような臭いなど、人によって臭いは違うのでこの臭いがデリケートゾーンの臭い!とは一概には言えません。

 

デリケートゾーンのにおいをほかの人と比べてみたりする機会は無いのが普通ですから、なかなか気付きにくい問題ではあります。

 

しかし、少しほかの人とは違うかも…と感じる方や、においが強いのではないか…と感じる方は、ご自分のデリケートゾーンのにおいについて考えてみたほうがよいでしょう。

デリケートゾーンのにおいの原因は?

デリケートゾーンのにおいの原因は?

 

デリケートゾーンのにおいの主な原因と言われているのが

 

「菌の繁殖」「食事」「すそわきが」「病気」

 

です。

菌の繁殖による臭い

人には元々、悪い菌が体内に侵入しないように一定数の菌が存在します。
しかし、この菌が増えすぎてしまうと臭いを放つ原因になってしまうのです。

 

女性はストッキングやタイツを着用するので、男性に比べてデリケートゾーンが蒸れやすくなってしまいます。
特にデスクワークなどで椅子に座りっぱなしだと、陰部は汗をかきやすくなり、菌が繁殖し、臭いが発生します。

 

また、生理中はナプキンの着用で蒸れやすくなったり、おりもの、経血などが原因で菌が増殖しやすく、臭いが発生することも多くなります。

 

あまり血が出ていないからと言ってナプキンを変えるのを怠るのは菌の増殖が進むだけです。

 

臭いが気になる人はナプキンの交換をこまめにし、通気性の良い洋服などを着てデリケートゾーンを清潔な状態を保つようにしましょう。

 

食事による臭い

毎日ではないけど、時々デリケートゾーンの臭いが強くなる、臭いを感じるという方は食事が原因の場合があります。
デリケートゾーンの臭いがキツくなる食事として以下のようなものがあげられます。

 

・肉類
・脂肪分が多い食事
・香辛料
・ニラ、にんにく
・アルコール

 

これらはデリケートゾーンだけでなく、体全体の臭いをキツくする原因にも当てはまります。

 

肉類は腸の中の悪玉菌を増加させる原因となり、香辛料などは消化時に亜硫酸ガスという刺激臭を発しながら血液に溶け込んで循環します。その結果、肺や毛穴からニオイを放つ場合があります。

 

脂肪分が多い食事は、身体に脂肪がつき、皮脂も増加します。皮脂の分泌が過剰になって酸化が起こると体臭が強くなります。また、アルコールやにんにくなどは身体から発する臭い成分を増加します。

 

その中でもデリケートゾーンは通気性がなく、臭いを外に逃すことができないので悪臭がしやすくなるのです。

 

食事が原因と分かっている場合は、食事を変えてみるだけで臭いを抑えることができるでしょう。

 

すそわきが

すそわきがは、ワキガと同じ原理で発生する陰部の臭いのことです。
ワキガは「アポクリン腺」という汗腺から発生する汗の臭いです。アポクリン腺は陰部にも存在し、アポクリン腺から発生する汗と、通常の汗が交じり合うことによって強烈な臭いが発生します。

 

臭いの特徴として「ネギのような臭い」「酸っぱい臭い」「納豆のような臭い」などが挙げられます。

 

ワキガと同じ臭いがすることもありますが、陰部はワキよりも通気性が悪く、蒸れることが多いため独特な臭いを発生することが多いです。

 

すそわきがはクリニックなどで治療することが可能です。
全国にあり、有名な店舗で言えば湘南美容外科がすそわきがの治療を行っています。

 

湘南美容外科ではすそわきがの治療を行っており、女性医師が丁寧に診察をしてくれるので安心して治療を行えます。

 

今までどんなケアをしても臭いが治まらなかったという方はすそわきがの場合がありますので、ぜひ一度お医者さんに診てもらうことをオススメします。

 

美容整形

 

デリケートゾーンの主な原因をご紹介しました。
病気が原因については次で説明いたします。

デリケートゾーンのにおいは何かの病気のサイン?

デリケートゾーンのにおいは何かの病気のサイン?

 

デリケートゾーンの臭いが強い以外で、おりものの量がいきなり増えた、いつもと色が違っている、においがいきなり刺激的になった、などに当てはまる場合は注意が必要と言えます。

 

デリケートゾーンの臭いの原因となる病気を詳しく説明していきます。

 

細菌性膣炎

細菌性腟炎とは、普段から女性の膣の中にいる大腸菌、ブドウ球菌などの菌が異常繁殖することによって善玉菌と雑菌のバランスが崩れ、膣内が炎症を起こしている状態のことです。

 

女性の膣には自浄作用があり、膣内にもともといる善玉菌の乳酸菌によって酸性に保たれ、守られているのですが、これが弱まると雑菌が増殖してしまいます。

 

膣内の酸性は、ストレスや疲労などで免疫力が低下したり、ナプキンを長時間つけっぱなしだったりすると最近が繁殖しやすい環境になります。
また、入浴時に過剰に膣の中を洗いすぎたりすると乳酸菌が減少し、雑菌が増殖しやすくなります。

 

細菌性腟炎は乳酸菌の減少でなることが多いので、性行為では感染しません。

 

しかし、男性の精子はアルカリ性のため、膣内の酸性濃度が薄まり自浄作用を低下させる原因となり、膣内の環境が乱れて細菌性腟炎が起こる場合があります。

 

細菌性腟炎になった場合、おりものの臭いがかなりキツくなります。
「強い生臭さを放つ悪臭」と言われており、デリケートゾーンの臭いがはっきり分かるでしょう。

 

おりものの状態としては灰色、もしくは黄色の水っぽい感じになる場合が多いです。
臭いと状態両方が当てはまる場合はなるべく早く病院で診てもらいましょう。

 

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎とは、人の体に存在する常在真菌「カンジダ菌」が引き起こす膣炎の一種です。

 

ストレスや疲労、風邪や体調不良などによる面行き力の低下が原因でなることが多いです。
免疫力が低下すると膣内の自浄作用が弱くなり、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

 

その他にも抗生物質の服用、生理やピルによる原因、性行為、不衛生、糖尿病など多くの原因が当てはまります。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの臭いが生臭い魚のようになり、デリケートゾーンがかゆくなります。
おりものの状態は酒かすやチーズのようなポロポロとした状態になり、白や黄色などが多いです。

 

カンジダ膣炎は低下していた免疫力が復活すると膣内の酸性による自浄作用で自然治癒することがあります。
しかし、これは軽度の場合のカンジダ膣炎のみなので、ずっとおりものが臭ったり量が多い場合は病院で診察を受けましょう。

 

クラミジア

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌に感染することによって症状が現れる性感染症です。
日本では感染者数が圧倒的に多い性感染症病であり、年間2万人以上が感染しています。

 

クラミジアは性行為やオーラルセックスなどにより感染します。
感染した場合、女性は子宮頚管や喉などに症状がでます。

 

クラミジアに感染すると、おりもののにおいがきつくなり、色が緑を帯びている、量が増えるのが特徴で、性行為の時に痛みを引き起こします。
クラミジアを放置してしまうと不妊症などのリスクが高まったり、妊娠時に母子感染を起こす場合があります。

 

男性がクラミジアに感染しても自覚症状がない場合が多く、そのまま性行為をして女性に感染してしまうケースが多いです。

 

クラミジアは性行為でしか感染しないので、性行為をした人で当てはまっている人はすぐに病院へ、逆に性行為をしていない人でデリケートゾーンの臭いが気になる方は他の病気を疑いましょう。

 

淋病

淋病とは淋菌という菌の感染で起こります。放っておくと体内で感染が広がり、女性は卵管炎や腹膜炎などを引き起こすことも。

 

性行為やオーラルセックスによって淋菌に感染することがほとんどです。
感染力が高く、クラミジアと同様に喉への感染も見られます。しかも、喉への感染のほうが性器に感染した場合に比べて自覚症状がなく、知らぬまま人にうつしてしまうケースも少なくはアリません。

 

淋病は膣や子宮が炎症を起こし、デリケートゾーンやおりものから強い臭いが発生します。

 

元々淋菌はそこまで強くない菌なので性行為以外での感染はほとんどなく、感染しても投薬治療で完治させることができます。

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は微生物の一種であるトリコモナスという原虫に感染することで発症する病気です。
男女問わず感染する病気で、主な感染経路は性行為になります。

 

男性は排尿によってトリコモナスが排出され、自然治癒することが可能ですが、女性の場合は生殖器の構造により、トリコモナス膣炎が自然治癒することはありません。

 

トリコモナス膣炎になると、外陰部に強いかゆみが起こります。その他にも黄色いおりものの量が増えたり、泡状になって悪臭を放つこともあります。

 

珍しい病気ではないため産婦人科などで治すことができます。

 

病気による臭いは治せる!

上記であげた病気にかかると、デリケートゾーンの臭いが強くなることがあります。
しかしそれらは全て病院で治療すればきちんと治すことができます。

 

病気が治るともちろんデリケートゾーンの臭いもなくなるので、病気の疑いがある人は一度医師に診てもらいましょう。

 

もし病院に行くのが不安、親にバレたくない、忙しくて病院に行く時間がないという方には宅配ドクターふじメディカルといった専用の検査キットを使って自宅で検査することが出来ます。

 

宅配ドクター

 

ふじメディカル 

 

宅配ドクターやふじメディカルは自宅で自分の検体を採取し、郵送で送ると検査の結果がウェブ、もしくは郵送で知ることができます。

 

誰にも知られたくない、病院に行くのが面倒という方は一度試してみてくださいね。

デリケートゾーンのにおい対策と解消法は?

デリケートゾーンのにおい対策と解消法は?

 

デリケートゾーンのにおい対策をするためには、どうしたら良いのでしょう。

 

ここまでお話してきた情報を見ると、においの原因となりうる膣を洗うと逆効果になりかねないため、デリケートゾーンの周りをきれいに洗うしかなさそうです。

 

しかし、それでは即効性が無いのではないか?という疑問がわいてくるでしょう。

 

毎日ケアをしていても、本当にそれだけで大丈夫なのか?
という不安から、デリケートゾーンに自信を持てない女性もいらっしゃるはずです。

 

そんな方たちに是非おすすめしたいのが、冒頭でも説明したデリケートゾーン専用の石鹸「ジャウム・ハーバルソープ」なんです!

 

デリケートゾーンのにおいは、実は女性以上に男性の方が敏感だったりするものです。

 

なんだか夜の営みが減った気がする…という女性や、デリケートゾーンのにおいが心配だ…という女性は、是非デリケートゾーン専用の石鹸「ジャウム・ハーバルソープ」を使用してみて下さい!

 

販売数119万個突破しており、その効果は確かなようなものです。

 

もうすぐ露出が多くなる季節であり、水着などを着た時にニオイがするのは嫌ですしニオイを気にして楽しめませんよね。

 

ジャウム・ハーバルソープで、しっかりデリケートゾーンのケアをしましょう!

 

ジャムウ

 

参考おすすめサイト